【~ACL~2019】 鹿島アントラーズ vs ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツ 生放送 AFCチャンピオンズリーグ プレーオフ カシマスタジアム 火曜日, 2019年2月19日

鹿島アントラーズ vs ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツ 生放送

 -------------------------------

Live🔴 -> http://envivostream.com/afc-champions-league-live/

生放送📺📲💻-> http://envivostream.com/afc-champions-league-live/

Live🔴 -> http://envivostream.com/afc-champions-league-live/

-------------------------------

 

Jクラブ未達の連覇へ。必勝を期す一発勝負
2018シーズン、鹿島はAFCチャンピオンズリーグACL)で初めて頂点に立ち、クラブとしては20冠目となる記念すべきタイトルを獲得した。それから3カ月。再びアジアの頂点を目指す戦いが始まる。

昨季、明治安田J1を3位で終えた鹿島は、今季のACLプレーオフからスタートさせる。クラブとして初めての経験になるため、宮崎キャンプの中で3試合の練習試合、その後も水戸とのプレシーズンマッチ・いばらきサッカーフェスティバル、その翌日には順天堂大と練習試合を組み、例年以上に早くチームを仕上げてきた。一発勝負のこの試合に敗れればACL本戦への出場はかなわない。連覇を目指すためには絶対に勝たなければならない。

対戦相手は2月12日の予選2回戦を勝ち抜いたオーストラリアのニューカッスルジェッツに決まった。インドネシアのペルシジャジャカルタと対戦したニューカッスルジェッツは、49分にカウンターから先制点を挙げたものの、72分にセットプレーで追いつかれ延長戦にもつれ込む。しかし、その延長戦で2点を奪って鹿島への挑戦権を手に入れた。

その後、15日にAリーグの試合があったニューカッスルジェッツは先発7人を入れ替えて、ACLプレーオフに備えている。ちなみにリーグ戦を戦ったメンバーの中にはかつて鹿島にも在籍していたジャイールが左サイドで先発している。

迎え撃つ鹿島は、昨季をもって主将の小笠原 満男が引退、西 大伍が神戸に移籍し、昌子 源もフランスのトゥールーズFCへと旅立っていった。昨季までの主要メンバーが大きく様変わりする中で目立った補強はせず、既存の選手たちの伸びシロに期待した形で新たなシーズンを迎える。

プレシーズンの成績は5試合で3勝2敗と、すべてが好転しているわけではない。水戸戦が終わったあと大岩 剛監督は「プレーオフまでのトレーニングでしっかりともうワンランク、ツーランクギアを上げていきたいと思っています」と話し、攻守において細かな部分を詰めてきた。

その成果の表れか、試合2日前の紅白戦では非常に良い動きが目立ち、伊藤 翔などの新戦力もうまくチームに溶け込んでいる印象だ。鈴木 優磨、三竿 健斗らの主力選手は昨季からのケガの影響で出遅れているものの、新たに10番を背負う安部 裕葵や中堅となった土居 聖真がキレのある動きを見せており、まだ全員がそろっていない状況であることを感じさせない。

今季、鹿島はACL連覇を目標の1つに掲げている。Jリーグクラブの中ではまだどこも成し遂げていない難しいミッションを成功させるためには、まずこの試合で勝利しなければ始まらない。シーズン最初の公式戦が一発勝負。必ず勝たなければならない試合に鹿島が臨む。